パーチメントとは?

パーチメントクラフトとは、

 半透明の厚手のトレース紙(パーチメントペーパー)に浮き彫り(エンボス)や穴をあける等の作業を施し、カードや小箱、ランプシェードなどを作る手芸です。

 主にヨーロッパで愛されている伝統工芸ですが、誰にでも楽しめる美しい手工芸に開花し、日本でも気楽に楽しめるようになりました。

 

歴史は、 

パーチメント(Parchment)とは本来羊皮紙を表し、初期のパーチメントクラフトは羊皮紙にエンボス加工を施したものを指していました。 スペインの南米征服によって技法が南米に伝えられ、そこで高価な羊皮紙ではなく厚手の紙を使用したパーチメントクラフトが考案され、20世紀に入って専用の紙(パーチメントペーパー)が生みだされました。

 

主な技法に、

  1. トレーシング - 図案をパーチメントペーパーに写し取る。
  2. カラーリング - パーチメントペーパーに彩色(全体や、一部)したり、水性やアクリル絵の具、色鉛筆などを使って花や動物などを描く。
  3. エンボッシング - エンボスペン(先端に金属の球がついた器具)を使って模様を浮き出させる。エンボス部分は白濁する。
  4. パーフォレイティング - 専用の針を使ってパーチメントペーパーに穴をあけ、レース模様を作成する。針の種類や針を打つ間隔によってさまざまなレース模様が作成される。

などがあり、今でも新しい技法や手法が加わり、飽きることがありません。

 

 

資格とは、

パーチメントクラフトの資格は世界共通の講師になれるレジスタードチューター

Tutor License:IPCA(International Parchment Craft Academy)が、ペルガマーノ(Pergamano)より発行されます。

ペルガマーノ以外にも協会はありますが、そちらについてはわかりません。

 

 資格取得には、既定の講習を受けた者が担当チューターから推薦をもらい、事前作品を提出→合格したのち、資格取得講習を受け取得できます。

年に1度の試験です。

 

なお、日本では資格取得者以外のレッスンを禁止してますので、ご注意ください。

 

 

お道具について、

 

基本のお道具は15000円ほどです。

そこから、各種絵の具やツールが、レッスンの進度により追加されていきます。

 

基本的なところまででと言う方には、基本セットに少しのツールで大丈夫です。

 

資格取得されない方は、基本部分で充分お楽しみいただけます。

 

 

 

 

にっこうとうしょうぐう・・ってなに?

たべるられる?


さる?ねこ?

俺より有名??



What's up? Dank!

Every day、Every time

 

新入りの「Pow・ポゥ」ちゃんです。

ダンク大好き♡、ダンク

迷惑(;_:)

Facebookで、まめに日常のアップしてます。お友達申請してくださいませ~。
最新情報もFBのが早いかもしれません(;'∀')